Open Mind Japan
TSUNAMIアントレプレナーズ倶楽部
■ベンチャー支援機構TSUNAMITSUNAMI アントレプレナーズ倶楽部』

日本の戦後の歴史の中でも、数々のベンチャー企業が世の中に出て、新しい産業を生み出し、日本のみならず世界の経済に貢献してきました。しかし、間接金融主体の強い仕組みの中では成功した事業家達の『ネットワーク』、『智恵』、『経験』、『資金』が新しく事業に挑戦しようと考える起業家に循環する仕組みができませんでした。

一方、アメリカではリスクキャピタルという直接金融主体の仕組みを中心に経済が発展してきた、という背景があったからこそ、リスクを取って起業した事業家達が次世代の経営者を支援していく仕組み造りが出来上がったのだと思われます。

『グローバル化』と『高度情報化』という大きな変化を受けて、日本の金融の仕組みも徐々にではありますが、リスクキャピタルを背景にした金融の仕組みに変わりつつあります。しかし、肝心の起業家たちを支え、育てていく仕組みが整っているとは思えません。リスクキャピタルの仕組みとリスクを取って新しい事業に挑戦する人を支援する仕組みが同じように発展をしていかないと革新的な事業の顕在化は難しいと思います。

TSUNAMI アントレプレナーズ倶楽部』 は、シリコンバレーにおけるアントレプレナーシップを支える仕組みをモデルとしたエンジンであり、これを関連事業としてベンチャー支援機構TSUNAMIに加える事で、日本のベンチャー支援のプラットフォームの充実を目指し、多くの事業家を輩出し、新しい産業を生み出し、社会の発展に貢献していきたいと思っております。


*注:ベンチャー支援機構TSUNAMIの精神・趣旨に沿って、ベンチャー支援機構TSUNAMIグループ(構成員)が個別に行う事業